目の疲れと肩こりの関係について

目を使いすぎると、肩をこってしまうとよく言われます。
実際に目の疲れによって慢性的な肩こりになってしまった人もいることでしょう。

目と肩は一見何の関係もないように見えますが、実は非常に深い関係にあります。

肩こりに繋がる主な要因

何かに集中しすぎる

あまり意識をしないかもしれませんが、何かを集中して見ようと思ったとき、
自然に上半身に力が入り、特に肩や首周辺の筋肉は活発に働きます。

これによって筋肉の疲労がたまり、コリにつながってしまうのです。

目が疲れるほど何かを行っている

目の疲れによって肩こりがあるのではなく、目が疲れるほど何かをやっていると、
首周りや肩にはそれ以上の、負担がかかっているということになるでしょう。

そのため目が疲れたと思ったときに、肩周辺の筋肉が異様に疲れていたりするのです。

血行を悪くする恐れも

目の疲れと肩こりの関係はこれだけでなく、血行を悪くすることによって、
体全体にも影響を及ぼすこともあります。

また肩が凝ることによって、さらに目に十分な血液が行きにくくなり、
さらに目が疲れやすくなるという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

 

目の疲れと肩こりは決して離して考えることは出来ず、
どちらかの症状が酷くなったときには、何かしらの症状が出ていることが多いです。

ゆっくりと目を休ませると共に、体全体がリラックスできるような体勢で十分な休息を取ることが
必要でしょう。マッサージを受けるのも大きな効果が期待できるときもあります。

<< 目の疲れと視力低下 | トップページ | 目の疲れと頭痛 >>

手っ取り早く効果的な方法!

ツボ押しや目薬、マッサージなど目の疲れを取る方法はあるのですが、その中でも手っ取り早く効果的に疲れ目を解消する方法があります。効果的な解消方法とは!?>>