疲れ目に効能のある目薬の使い方のポイント

目の疲れを取る方法として目薬をさす対策があります。

目薬は手軽に使えるので、
目がしょぼしょぼしたり不快感があるとき、目をリフレッシュさせたい時など役立ちますよね。

そんな目薬ですが、種類によって効能や効果が異なってきます。
ですので目薬を効果的に使うためにもポイントを押さえておきましょう。

疲れ目用の目薬を使うポイント

ドラッグストアなどで販売されているOTC医薬品(一般用医薬品)の目薬には、
疲れ目や充血、ドライアイ、アレルギー、結膜炎などに効能がある製品があります。

疲れ目の方は、疲れ目・充血用の目薬を選ぶようにしましょう。

■疲れ目に効く目薬

疲れ目に効能のある目薬には、血行を良くする成分が含まれています。

目の疲れにはビタミンが効果的なので、
ビタミンB12やビタミンB6が含まれている目薬を選ぶと良いと思います。

■防腐剤

ドラッグストアなどで売られている目薬には、防腐剤(パラペン等)が含まれています。
これは仕方がないことなのですが注意点もあります。
1日に何度も目薬をさすのは目に刺激を与えすぎるので注意です。

目薬は一時的な解消にしかならない

目薬は手軽に使えて便利なのですが、目の疲れを根本的に解消できるわけではありません。

一時的な解消にしか過ぎないので、
目薬に頼るのではなく根本から目の疲れを癒していくことを念頭に置いておきましょう。

<< 目の疲れを取る運動 | トップページ |

手っ取り早く効果的な方法!

ツボ押しや目薬、マッサージなど目の疲れを取る方法はあるのですが、その中でも手っ取り早く効果的に疲れ目を解消する方法があります。効果的な解消方法とは!?>>