パソコンの目の疲れを取る方法

パソコンの目の疲れは放っておくと大変なことに!

目の疲れが蓄積していくと、頭痛、肩こり、めまい、吐き気など
眼精疲労の症状を引き起こしてしまします。

だから目の疲れは早めのケアが大切!
目が疲れないように日ごろから対策をして予防をしましょう。

そこでパソコンの目の疲れに効く簡単な対処法を紹介します。

パソコンの目の疲れ対策

1.目を閉じてリラックス

目を閉じて休ませる!とっても簡単なことなのですが、これが結構重要です。
目を閉ることで眼球の筋肉が休まるので、リラックス効果があり疲れが溜まりにくくなります。

1時間おきに、目を閉じると効果的です。

2.仮眠を取る

お昼は目の疲れがピークになっくるので、
お昼休憩などに仮眠を取ることで、目の疲れを効果的に癒すことができます。

お昼に10~15分程度仮眠を取ることで、頭も目もスッキリして仕事もはかどりますよ!

3.眼球ストレッチ

眼球を運動させることで、目の筋肉をほぐすことができます。
これによって目の周りの血行がよくなり、目の疲れを癒してくれます。

・眼球を、上→下→上→下 と5回程度ゆっくりと動かします。
・次に、左→右→左→右 と5回程度ゆっくりと動かします。
・次に眼球をクルッと円を描くように回転運動させます。5回転させましょう。

この動作を1回として2~3回行うようのが効果的です。

4.蒸しタオルで血行促進

約40℃くらいの蒸しタオルを目に載せると、目の疲れに効果的です。
蒸しタオルが用意できない場合は、市販のホットアイマスクがおすすめです。

蒸しタオルに関して詳しくはこちら>>

ブルーライトから目を守る

画面のちらつきなど、PCのディスプレイからは”ブルーライト”と言う光が発せられています。
これが目の疲れを引き起こす大きな原因となっているのです。

このブルーライトから目を守ることでパソコンによる目の疲れを軽減することができるのです。

そこでおすすめなのが、『ブルーライトから目を守るメガネ』

光マネジメント技術で、画面のちらつきを抑えるので、画面も見やすくなり
目の疲れの軽減にもなるのです。

ブルーライトから目を守るメガネ>>

<< VDT症候群の予防と対策 | トップページ |

手っ取り早く効果的な方法!

ツボ押しや目薬、マッサージなど目の疲れを取る方法はあるのですが、その中でも手っ取り早く効果的に疲れ目を解消する方法があります。効果的な解消方法とは!?>>