VDT症候群の知識と解消方法

パソコン作業を長時間行う人にとっての大きな悩みが「目の疲れ」です。

パソコンで目が疲れてくると、
ピントがずれてきたり、目の奥に疲労や目のゴロゴロ感、さらに頭痛なども引き起こします。
このようなパソコンの目の疲れで悩まされている人は多いのではないでしょうか。

これらの症状は「VDT症候群」と言いう症状なのです。

VDT症候群とは

VDT症候群は主に液晶ディスプレイ(VDT)を使う作業など長時間行った場合いに生ずる、
「目のピント調整のズレ」や「目の乾燥」が原因となって、目の疲労やストレス症状を
引き起こしてしまう症状です。

現代社会はパソコンとは切っても切れない関係となっているので、
これらの症状に悩まされている人も多く、まさに現代病とも言えるのです。

VDT症候群の症状

視覚症状 : ドライアイ、目の痛み、充血、目の疲れ、視力低下、目のかすみ

骨格筋系症状 : 肩こり、首や背中の痛みやだるさ

VDT症候群は視覚症状や骨格筋系症状などを引き起こしてしまう、
侮ってはいけない症状なのです。

解消方法

VDT症候群は、目薬や蒸しタオルなどの対策では、
一時的に楽になるものの根本から原因を解消することができません。

目の疲れに効くブルーベリーサプリがおすすめですが、
まずは、パソコンの作業環境をちょっと見直すことも重要です。

そこでおすすめの方法を紹介します。こちらのページで>>

| トップページ | VDT症候群の予防と対策 >>

手っ取り早く効果的な方法!

ツボ押しや目薬、マッサージなど目の疲れを取る方法はあるのですが、その中でも手っ取り早く効果的に疲れ目を解消する方法があります。効果的な解消方法とは!?>>